商品・サービスの購買に至るプロセスをファネル化します。
停滞プロセスを特定することで、現状に応じた効率的・効果的なマーケティングを支援します。

調査結果の活用

  • 企業や商品・サービスの現状の課題を把握!
  • 現状の課題に応じた施策が明確に!(例:認知度で停滞 ⇒ 名前を知らせる広告展開、等)
  • 最適な目標設定や施策で、コスト削減にも!

活用イメージ

例①:調査結果を基に施策を検討

ファネル分析した調査結果を基に、現状を把握し、最適な施策を検討

例②:広告媒体別に分析

【例】「テレビ」は認知度が高かった。「Web」は認知度が低いが、その他のプロセスで停滞が少なかった。
→ 「テレビ」から「Web」に誘導する施策を検討・実施し、売上に繋げる

調査設計例

調査手法 ネットリサーチ
調査対象者 商圏在住者
サンプル数(回答者数) 400人(推奨)
質問数 4問(認知度、理解度、興味度、購入意向など)
備考 自社商品・サービスに合わせてターゲットを絞る(事前調査が必要な場合あり)
停滞プロセスを明確化し、課題解決に向けたプロモーション活動の基礎資料とする など

概算料金(税別)

※内容により異なります。詳しくはお問い合わせください。

活用事例

お気軽にお問い合わせください。025-270-3800受付時間 10:00-17:00 [ 土日祝日、年末年始・お盆を除く ]

お問い合わせ